読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mfotosのブログ

日本と南米パラグアイを中心に活動するフリーフォトグラファー平田真実のブログ          ホームページはこちら http://mfotos.holy.jp/1/index.html

結果論的キーマカレー

料理・グルメ 日記

f:id:Mfotos:20160312053643j:plain

自家製ソース作りのときに出た果物・野菜屑(トマト、ニンジン、タマネギ、リンゴ、ローレルの葉っぱ)。

捨てるのはもったいないので、これを元にカレーを作ることにしました。

 

 

こちらは先日ソースを作ったときのブログ。

mfotos.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160312053707j:plain

赤ワインと水で煮込んで、クミンやターメリックなどカレーの各種スパイス、砂糖やハチミツ、バター、塩コショウなどの調味料を入れてカレールーを作って行きます。

 

本来ならキーマカレーはミンチ肉を使うのですが、ちょうど切らしていたので豚バラ肉を切って炒めて入れました。

そして、いつものカレーと違う方法、ラーメンの麺打ちで使おうとしたコーンスターチでとろみをつけました。

単に面倒くさかっただけですが、これが絶妙なとろみとなり結果正解でした。

実は麺打ちに失敗して困っていたのですが・・・。

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160312053627j:plain

久しぶりのラーメンの麺打ち、気温がいつもより低く、固すぎてのびなくなったので、

失敗かと途方に暮れているところでした。

そこで、その生地を薄く切り、伸ばしてナンっぽく焼いてみました。

(ところがこのナンモドキを作っている間に、生地がだんだん柔らかくなり、これだったらなんとか麺にできるやんと、急きょ残りの生地は最初の目的通り麺に。小麦粉4kg分も打ったので、これ全部ナンにするのかと、心が重い気持ちになっていましたがホッとしました)

 

ドライバジルをのせて、完成。

このカレーにはご飯よりこれがピッタシ。

インド料理屋さんでよく食べた味になりました。

肉を入れなければベジタリアンにも美味しいカレーになります。

 

とにかく、結果論的キーマカレーとなりましたが、満足。

皆さんに召し上がっていただけないのがとても残念です(^^ゞ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

CASA POGONAでは、今のところ、試験的にご宿泊のお客様の希望により朝食を3$で夕食を5$で提供させていただいております。

要事前予約(材料調達の都合もあるので、できれば一週間以上前)。

夕食にはこれまでご紹介した様々なグルメ料理の中からも希望を承りますので、ぜひどうぞ~。(そのときの材料でできないものもありますが、できるだけご希望に沿います) 

ブログの項目の『料理・グルメ』をクリックするとブログ一覧、レストランなどの外食と混じってですが、手料理も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

 

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村