読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mfotosのブログ

日本と南米パラグアイを中心に活動するフリーフォトグラファー平田真実のブログ          ホームページはこちら http://mfotos.holy.jp/1/index.html

熊本2013年(パラグアイ移住相談会で訪れました)

今朝起きたら、ちょうど日本時間の4月14日夜で、Facebookの友人より熊本の地震情報が入ってきました。

すぐにテレビをつけニュースを確認、家が崩れたり火事を消火する画面が目に飛び込んできました。

友人たちの安否を心配しましたがネット時代は便利です。

次々と安否情報が入ってきて無事を確認することができました。

しかし、ニュースをみると亡くなられた方や怪我をされた方もいてお気の毒に思います。

 

熊本はとても素晴らしいところ。

f:id:Mfotos:20160415070712j:plain

JR熊本駅

これらの写真は、三年前の5月に熊本をパラグアイ移住相談会の講師として呼ばれ訪れた時のものです。 

パラグアイ移住相談会、九州では最初に宮崎を訪問し、熊本、博多と回りました。 

熊本は35年前に阿蘇山のキャンプ、20年以上前に仕事の営業で寄ったことがあるのでこのときが3度目の訪問でした。 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160415070739j:plain

路面電車にも乗りました。

手に入れたばかりのD800EとNIKKOR80-400望遠ズームレンズで撮影。 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160415070810j:plain

熊本城を訪れたくて、タクシーで目的地へ行く途中で寄ってもらい、待ってもらっている間、ほんの数分だけ走り回って写真を撮りました。

いろんな日本の素晴らしいところを貪欲に撮っておきたかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160415070848j:plain

熊本城は数あるお城の中でも、最も男らしさを感じる格好いいお城だと思います。 

この屋根瓦や石垣も地震の被害を受けたようです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160415071159j:plain

パラグアイ移住相談会を行った目的地の近くになかなか雰囲気のある老舗があったので写真に収めました。 

 

まだまだ余震が続いているようですが、熊本の皆さんのご無事を地球の裏からお祈りしています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 CASA POGONAはパラグアイの永住権取得希望者が申請期間、中長期滞在できるように始めた民宿です。

スペイン語ができなくても、最短で永住権取得できるようお手伝いもさせていただきます。

ameblo.jp

CASA POGONAでは、今のところ、試験的にご宿泊のお客様の希望により朝食を3$で夕食を5$で提供させていただいております。

要事前予約(材料調達の都合もあるので、できれば一週間以上前)。

夕食にはこれまでご紹介した様々なグルメ料理の中からも希望を承りますので、ぜひどうぞ~。(そのときの材料でできないものもありますが、できるだけご希望に沿います) 

ブログの項目の『料理・グルメ』をクリックするとブログ一覧、レストランなどの外食と混じってですが、手料理も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

 

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村