読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mfotosのブログ

日本と南米パラグアイを中心に活動するフリーフォトグラファー平田真実のブログ          ホームページはこちら http://mfotos.holy.jp/1/index.html

パンタナル (79) 帰れない!飛行機の予約が勝手にキャンセルされるハプニング

f:id:Mfotos:20160527112410j:plain

2015年7月31日、ボートでボリビア国境沿いまで行って帰ってきて---。

パンタナルの旅もいよいよ終わりに近づきホテルをチェックアウト、息子と二人で予約していたバイアネグラの飛行場へ歩く。

ところが、そこに座っていた係員、冷たい態度で『チケットはない、予約が取り消されている』とのこと。

そんな馬鹿な。理由は教えてくれないのでどうしてだかわからない。

想像できるのは、バイアネグラか途中の経由地から誰かお偉いさんに無理やり座席ねじ込まれた可能性がある。

飛行機は火曜日と金曜日の週に2便しか飛ばない。

 

 

しかし、次の火曜日まで4泊分のホテル代は私の財布に持ち合わせていない。

パラグアイの秘境の旅、こういうこともあるかもと嫌な予感はしていたのだが、まさか現実になるとは・・・。

どう粘っても埒が明かず、無理なものは無理のようで、一旦、引き下がって町に戻ることに。

ちょうど、お世話になったエンリケ先生がいたので事情を話すと、飛行場へ弟子が一緒に行って話をしてくれることに。

ところが、それでもやっぱり駄目なよう。

再び町に戻り、陸路で途中まで送るからそこからバスで帰ったらどうかと言われるが、それも一日で帰れる距離ではないし、バスを乗り継いで帰る自信もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160527113750j:plain

悩んでいても仕方がないのでお店に入って休むことに。

アナコンダの皮がぶらさがってたのを一枚パシャリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160527114115j:plain

朝ごはんを食べていなかったので何か食べようとしたけれどエンパナーダしかない。

腹が減っては戦ができぬと、エンパナーダ2個と炭酸ジュースでブランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160527113310j:plain

ところが、その店もモーニングタイム終了、閉店時間になりお店を締め出され途方に暮れる親子。

果たしてどうなることやら・・・。 

 

旅はまだまだ終わりそうにありません(^^ゞ 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

CASA POGONAでは、今のところ、試験的にご宿泊のお客様の希望により朝食を3$で夕食を5$で提供させていただいております。

要事前予約(材料調達の都合もあるので、できれば一週間以上前)。

夕食にはこれまでご紹介した様々なグルメ料理の中からも希望を承りますので、ぜひどうぞ~。(そのときの材料でできないものもありますが、できるだけご希望に沿います) 

ブログの項目の『料理・グルメ』をクリックするとブログ一覧、レストランなどの外食と混じってですが、手料理も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

 

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村