読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mfotosのブログ

日本と南米パラグアイを中心に活動するフリーフォトグラファー平田真実のブログ          ホームページはこちら http://mfotos.holy.jp/1/index.html

2016年日本の旅 (30) 夢の長距離区間ビジネスクラス

f:id:Mfotos:20160723223450j:plain

2016年6月17日。

シドニーを出発してカンタス航空機・JAL共同運航でサンチアゴへ。

ところが搭乗口へ行って飛行機に乗ろうとしたらブザーが鳴って航空券を見た係員が私のチケットをビリビリッと破り捨てるではないですか。

 

何だろう?

何か問題が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20161023065835j:plain

と思ったら、「こちらのチケットをお使いください。」

とのこと。

そして入口はこちらです、と前の方の搭乗口へ案内されました。

 

まさか・・・。

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160723223516j:plain

そのまさかでした。

なんと、なんと、長距離区間(成田~ソウル間はサービスしてもらったことがある)でいつかはと夢の夢だったビジネスクラス。

チケットを何度も見直しました。

 

ビジネスクラス、こんなに違うのかというほど座席が楽でサービスも素晴らしい。

マッサージ付の座席シートの一番前、一列空いていて窓側、通路側どこに座っても構わないとのこと。

首の持病を持っている私にとって心から感謝な出来事でした。

私のような自営業の庶民、自費ではとてもビジネスクラスを利用するなんてできません。

どうしてビジネスクラスに変更してもらえたのか客室乗務員に尋ねたところ、長距離をご利用してくださっているお客様にJALからのプレゼントでしょうとのこと。

そういえば、シドニーのチェックインカウンターの女性が、

「日本からパラグアイまで?2回乗換?疲れるでしょう。」

と妙に親しく話してくれていたことを思い出しました。

その場でエコノミーチケットを発券したものの、後で座席状況を見て変更してくれたのかも知れません。

ネットで調べたところ、こういうサービスは稀にあるらしく、サービスを受けられる可能性が高くなる条件として、

 

 1.一人旅であること

 2.チェックインカウンターへ早めに行くこと

 3.紳士的な対応で好感度がもてること

 

とありました。

3番目はどうかわかりませんが、確かに1.2.は当てはまってました(*^^)v

 

12時間以上のフライト。

専用の寝間着に着かえ、足を伸ばしてリクライニング、ぐっすり眠って映画をみたり食事をしたりして、あっという間にチリに到着したのでした。

 

Thank you! Gracias! ありがとう!

 

チリ到着前に再びアンデス山脈が現れ、写真もばっちり撮れました。

その写真はまたこの次で・・・。

写真で何か恩返しができたらいいなぁ・・・。

 

チリの乗り換え時間もたっぷり12時間。

外へ出て散策してみようと思います。

 

 

 

ameblo.jp

ただいま、お部屋4つのうち2つ空いています。

ぜひオーストラリア、サンチアゴ経由でゆっくりいらしてください(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ