読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mfotosのブログ

日本と南米パラグアイを中心に活動するフリーフォトグラファー平田真実のブログ          ホームページはこちら http://mfotos.holy.jp/1/index.html

パラグアイ川にかかるPUENTE REMANSO(レマンソ橋)麓の魚料理レストラン

先日、お客様のガイドで、淡水魚料理レストランに行ってまいりました。

f:id:Mfotos:20170428064037j:plain

ここへ来るのは久しぶり、前まで1つだったレストランが2つに分割されたようで、駐車場誘導されたのに従っていくと前まで調理場だったほうの店へ入ることに。

後で気がついたのですが、レマンソ橋が見える従来の奥の店のほうが人気があったようですが、その分親切に案内してくれ冷凍庫から次々と魚を見せて写真を撮らせてくれました。

それに、味も値段もたぶん変わらないようなので結果良しとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064111j:plain

スルビ。日本では熱帯魚屋さんで売っているナマズの仲間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064129j:plain

次から次へと魚を出してきてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064143j:plain

ピラニアも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064054j:plain

すでに味付けされた魚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064227j:plain

私の一番のお勧めはこのナマズ料理。チュッピン・デ・スルビ。

ハーブで味付けられたスープが絶妙です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064327j:plain

魚を揚げたFRITO。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064349j:plain

衣をつけてカリッと揚げたROMANITO。

レモンを垂らしケチャップにつけて食べると止められない美味しさ。

何人かで行くと、一人当たり800~1000円でいろんな魚料理を分け合ってお腹いっぱい食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064419j:plain

お店の裏はパラグアイ川。

私の息子たちはたまに釣りをするときはこれらのボートを借りるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064437j:plain

釣り人たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064455j:plain

食前に二人のギタリストが歌ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20170428064511j:plain

パラグアイとしゃべるオウムも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Airbnbのアスンシオン市内最安値で気軽に泊まれるシェアルームオープン!

www.airbnb.jp

貸し切り個室はこちら。

www.airbnb.jp

パラグアイ永住権のご相談はAirbnbではなく、メールにてご連絡いただければと思います。

↓ 全角大文字を半角小文字になおしてメールしてください。

 JEREMIAHMAKOTO@HOTMAIL.CO.JP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ