読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mfotosのブログ

日本と南米パラグアイを中心に活動するフリーフォトグラファー平田真実のブログ          ホームページはこちら http://mfotos.holy.jp/1/index.html

ジャスミンの木

f:id:Mfotos:20160331064658j:plain

ジャスミンを鉢植えにし、家の柱に巻き付けました。

ジャスミンの香りは、39年前に訪れた香港での思い出をよみがえらせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160331064714j:plain

種類もいろいろとあるようで、こちらは少し葉っぱがしっかり厚いタイプ。

家の玄関をツルが覆いつくし香り豊かにいっぱい花が咲くのを楽しみにしたいと思います。

そして、できれば香りを楽しみながらジャスミンティーが飲めたらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Mfotos:20160331064731j:plain

ジャスミンの鉢には近所の猫が掘っておしっこをしないよう5色の花を植えてみました。 

 

とここまでは、パラグアイ生活の素晴らしいところですが、悪いところも。

一昨日、家の近くの公道で水道管が破裂し漏れていたのを水道局がやってきて修復工事をしていたのですが、工事のやり方がズサンで、泥土が水道管の中に入り、私の家の水道が詰まってしまいました。

最初はまだそれでも水が出ていたのですが、昨日、今日と修理してもらったら修理するごとにもっとひどくなって、全く水が出ない水道もでてきてしまいました。

トイレならバケツに水を汲んできて流すのでまだ良いですが、困ったのはキッチン。

料理するにも、洗い物をするにも、水がでないのでは何もできません。

まだ水が出る水道へ行って汲んで来たりして、なんとか凌いでいます。

あと洗濯機も、出る水道へ移動させて使っていますが、併用なのでいちいちホースを外したりつけたりしなくてはなりません。

それで、納得がいかないのは、もともとは水道局のせいなのに、私有地の問題は自費で治さなくてはならないという理不尽さです。

しかも、問題を指摘したらやらなくてよかった公道部分を更に掘り起こし余計に状況を悪くして帰ってしまいました。 

おまけに、隣の家の下水がうちへ漏れ出してきていて、その家主がアルゼンチン人だということで連絡が取れず、結局うちが費用を出して修理しました。

なんという理不尽な国なのだろうと思いますが、それが普通らしいのです。

困ったものです。

それでも、パラグアイへ住んでいることは感謝なことなのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

CASA POGONAでは、今のところ、試験的にご宿泊のお客様の希望により朝食を3$で夕食を5$で提供させていただいております。

要事前予約(材料調達の都合もあるので、できれば一週間以上前)。

夕食にはこれまでご紹介した様々なグルメ料理の中からも希望を承りますので、ぜひどうぞ~。(そのときの材料でできないものもありますが、できるだけご希望に沿います) 

ブログの項目の『料理・グルメ』をクリックするとブログ一覧、レストランなどの外食と混じってですが、手料理も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン電子書籍よりパラグアイの写真集3種類×3カ国語

 

英語版

スペイン語版

日本語版

写真素材のピクスタ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村